ようやくの。

a0104075_10473870.jpg

ようやく、今住んでいる場所を「地元」とちゃんと呼べるようになってきた。
ようやく、地元は「いいな」と思えるようになってきた。
ちょっと前まで「引越したい、沖縄に住みたい、葉山に住みたい」が口グセだった。

子供が産まれて、都内から相方の実家のある今の「神奈川」に暮らしはじめて17年。
17年もいるのに、なんて意固地であきらめの悪いこと。

東京郊外生まれの東京育ち、職場も結婚も東京。
神奈川から、育休明けに復帰した都内職場までの長時間の通勤ラッシュ。
育児と仕事と嫁姑関係にヘトヘト。それでも(それだから)仕事でもなんでも都内に帰れることはちっとも苦痛じゃなかった。 まだピチピチの20代!だったし都内に戻ることでつなぎとめてた。
その頃のわたしを知る地元友人に言わせれば、”私は地元にはなじみませ~ん、地元の方とは深入りはしませ~ん。話しかけないでくださ~い"オーラを決め込んだ相当”気どった”面持ちだったらしい。笑。単なるヤな奴じゃん。笑

ようやく地元がいいなと思えるようになってきた。
「地元」から、ワクワクすることをちゃんと発信し続けてる友人達の影響だ。
そのおかげで、私も地元でできることを見つけられた。
「ものづくり」を続けてこれた。
試行錯誤しながら、みんなここでがんばってる。楽しんでる。
めぐる季節を肌で感じられる場所で、家族でつつましく暮らせることにも、
ちゃんと感謝できるようになった。
今まで目を向けてなかったから、大事なことに気が付かなかっただけだった。

東京で長く築いてきたキャリアを全部捨てて(丸ごと活かして)、
志高く(笑)自分の田舎に戻った友人達のブログが面白い。
「AIKYO to DOKYO」
「お山の暮らし」
心のどこかで覚悟して、期待して、あきらめて、また夢を見て、、繰り返しながら、どんどん前に行く。 どこにいても!  私もそう。  発信、受け取ってるよ。

みんな1つとして同じじゃない「地元」への想いについて、
いろんな人と話をする機会がだんだんと増えてきた。

生まれ育った場所、住んでいた場所、今住んでいる場所、
あなたの想う「地元」ってどこですか?


a0104075_14385673.jpg


[PR]
by feltico | 2010-04-10 10:41 | 日々のくらし | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://feltico.exblog.jp/tb/10385154
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by akiko at 2010-04-10 20:48 x
そうそう「丸ごと生かしてる」のよね!(笑)

17年経ってようやく「地元」かぁ。
アタクシは予想外に突然受け入れねばならない事態だった。
嫁ぎ先が古くからの地元相手『商売』だったもんだから義父が病で倒れた時に嫌でもね。
それをも終わりにして、もういいや!なんて思ってたけど、子供育ててたらその場所否定するわけにはイカンて気付いて。
中途半端でいや〜って内心ずっと思ってたけど、都内出かける度に(いいわ地元)ってようやくね。
出かけるから気付けるんだよね。

やっぱ「旅」ですか?


Commented by feltico at 2010-04-11 09:34
あっこちゃん。
長くかかり過ぎだよね。往生際がとても悪い。笑
日々に追われてまわりを見る時間とか心の余裕とか、
自分に対する自信がなかったことも大きい理由なんだと思う。

ほんとに予想外なことばかり次々あるけど、
全部つながってるから、ムダなことはなく今に全部活かせるんだよね。

地元も自分も、たまに遠くの方からの目線で眺めないとね。
やっぱ「旅」かね!
Commented by イワサ at 2010-04-11 13:32 x
地元が嫌で19歳で飛び出して33歳で出戻って来ましたが(笑)いまだに都会への憧れというか不便さは感じるものの、少しずつ地元に馴染んできたかなぁ。私の場合は生まれた地なんで、ジュンさんとはちょっと違う立場だよね。

遠く離れてみたら良さが解った事も多いけど、たまーの現実離れは必要!旅賛成(笑)
Commented by だいち&オカン at 2010-04-11 20:26 x
なぁんか、わかる。
うまく言えないけど。

長い年月を経て、ようやく気付くたくさんのこと。
「地元」の話に限らず、
30代以降に知り合った友達が20代の私に会ってたら、
友達になってもらえなかっただろうなぁっていう
"話しかけないでくださ~い"オーラじゃないけど
変なこだわり持った人間だったし、若いころの私(苦笑)。

結婚して千葉に越してしばらくは、
長いこと生活した都内が恋しくて。
3年近く経ってやっと、そういう気持ちが薄らいできたところ。
まだまだ地元の意識は芽生えてないけどね。
かといって生まれ育った地元は、
離れてから、もう人生の半分以上経ってしまったからなぁ。
ま、そのうち今の住まいが地元と思えるようになってくるよね。
Commented by feltico at 2010-04-12 10:01
イワサさん。
出戻ってって(笑)。
生まれた土地でもしばし離れてしまうと
馴染むのに時間がいるから不思議ですよね。

10代で飛び出した先の「海外」から想う「地元」、って
いったいどんななんだろう。
かっこいいなぁ。今度じっくり聞かせてほしいです。
Commented by feltico at 2010-04-12 10:10
だいち&オカンさん。
初コメありがとう!
住まいが地元と素直に思えるのはしあわせなことなのかもね。
ほんと、年月経ないとわからないことたくさん。
これからは、人生の諸先輩方の言うことには耳を貸そうっと。

20代のあなた?笑。
こだわりのある人だから、今も変わらず仲良くしてられるんじゃん。
<< Eckepunkt エッケプ... お花屋が妻に贈る花。 >>