映画のおしごと。


a0104075_1226495.jpg

映画監督と呼ばれる方とはじめてお仕事をご一緒させていただいてます。
まさかの女優デビュー、、、ではもちろんございません。笑
主演の俳優さんの衣装アクセサリーをフェルティコが制作させていただく予定です。

映画監督や小説家、画家、音楽家、、、ある意味自分の「偏愛」をカタチにする職業。
自分に嘘をつかない人たち。
スピリッツも含めてインディペンデントの方はとくにそう。
自分に妥協したら作る意味なんてない。
伝えたい偏愛がシンプルで純粋であればあるほど強い。

「自分に嘘をつくと他人の嘘が見えなくなる」と監督。
共感できる部分がとてもある。

私は器用じゃないから、何かを作るときギリギリまで考えて溜め込んで、
掘り下げて追い込んで集中する。視野をどんどん暗く狭くして見えないものを見ようと目を閉じる。ミュージシャンの方に作るとき、コトバが向ける矢印を頼りに、
奏でられる音の海を深く深く潜って、きらきらした断片を広い集めることに時間をかける。

映画は同じようにはいかなかった。
脚本はあれども解釈は無限、すべては監督の頭の中。
映像(物語)の中で監督が求めるフェルティコってなに?考えてはまた悩んだ。
でもあるとき、まったく違う視点で考えてみた。
そうして見えた。 

先日、出来上がりをはじめて監督に見せた。
徹夜明けのどちらともとれないうつろな表情で、
沈黙のまま、いろんな方向からアクセサリーを眺める監督。
口元だけニヤり、目は全然笑ってない。(怖過ぎだ。)

長い沈黙のあと、
『、、、、、岡崎(主人公)にずっと着けさせよう。』


緊張状態が解けた翌日は、どっと疲れが出て眠くて眠くて1日中ふわふわクラクラ。
岩盤浴で爆睡したらますますふわふわに。まったく使いものにならない。
魂の気絶ってhanateru*ちゃんが使ってたけど、
そう、まさに魂の放出。こういうときは眠るに限る。

週明けの岡崎の衣装合わせを見届けるまでは落ち着かない。
クランクインまであと1週間。



[PR]
by feltico | 2010-04-16 16:52 | 日々のくらし | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://feltico.exblog.jp/tb/10427078
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kuro at 2010-04-17 08:05 x
先日、聞いた映画で使われるフェルティコ作品、出来上がったのですね~!!!。絶対映画観にいきます! 20代は、インディペンデント映画にどっぷり浸かっていたので、懐かしい匂いがツーンと鼻の奥を刺激してきました。あの匂い大好きなんだよね~。狂おしいほど切ない・・・。また、会って、いろいろお話したいで~す!
Commented by feltico at 2010-04-18 11:45
kuroさん。
妥協しない監督なのでどうなることやらですが、できました。
お話しした後、アップリンクも偶然の通り道のように行ってみましたよ。
20代、そうですか、どっぷり浸かってたんだ~。
kuroさん多方面に造詣が深いっすね。
また色々教えてくださいませ!
<< 花と雑貨 Bloom : 取り... Eckepunkt エッケプ... >>