「ほっ」と。キャンペーン

カフェオレボオル・クッション

a0104075_102011100.jpg

手紙舎つつじヶ丘本店のカフェで3年前のopen時から使っていただいているカフェオレボオル・クッション。
お直し分と、この度新たな追加分を納品しています。

器は、わたしも大好きな陶芸家小谷田潤さん。オリジナルのコラボ作品です。器の「線」に寄りそうように、1点ずつ立体に仕上げています。

カフェオレを飲む時、手が熱くないように、
カフェオレがいつまでも冷めないように、
器と羊毛を、両の手がやさしく包みこむようなカフェオレな時間をお楽しみ頂けたらうれしいです。

a0104075_1018341.jpg

お直しはコーヒーやミルクなどの日々の汚れを洗い流して乾かしたのち、薄くなった部分や起毛した部分に羊毛をニードルでつんつんと足していきます。
すると、
ほぼ新品状態に戻ります。
「足して修繕」できるのは羊毛ぐらいなのでは。
お直ししながら長く使えて、最後は土に還ることができるのが羊毛です。

a0104075_10193393.jpg

団地の一郭に佇むカフェ手紙舎の窓からながめる桜もそろそろいい季節ですね。
[PR]
by feltico | 2013-03-21 12:09 | feltico 作品・展示 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://feltico.exblog.jp/tb/17489401
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by amie at 2013-03-23 21:43 x
felticoさん、今晩は♪ カフェオレボオル・クッション。
とっても可愛い形ですね。何処から、素敵なアイデア生まれるのでしょう(^.^)そして、手への優しさ(^.^)いっぱいですね。
私は生地を使って、コースターを作ることが多く、ワンパターンの形です。ハート型でも作っちゃお(笑)
白木蓮、圧巻でした~(^^♪。
Commented by feltico at 2013-03-25 10:41
amieさん。こんにちは。いつもコメントありがとうございます。
林の中で見つけた鳥の巣のイメージなんです。ふんわりやさしくあたたかに包み込む感じです。小谷田さんの器のフォルムが卵のようで。
ハート型のコースターで頂くカフェオレ!なんかわくわくしますね=。
<< 春の縁側 Broom香房おひっこし。 白木蓮 >>