「ほっ」と。キャンペーン

もみじ市その3 felticoブースから

もみじ市
作っている時はひとりです。
あまりにもフェルトと向き合い過ぎて、 ド近眼になり過ぎて、
自分がどこに向かっているのか、たまにわからなくなります。
そういう時はとても不安。

だから、お客さんとの楽しい会話や何気ない反応が何よりとてもありがたいんです。
元気が出ます。
それだけでもう白いご飯何杯もおかわりできちゃうくらいに。
顔が見えるものづくりがしたいとあらためて思いました。
ほかの作り手さんも同じことを思っているはず。
もみじ市ではあえて「出展者」ではなく「出店者」と使う理由が
ここにあるんだと気付きました。


a0104075_1253567.jpg

a0104075_12512100.jpg
「カエルのお財布」を見たときの小さな子の素直な反応はほんと面白い。
うちの息子もこんなに小さかったんだな。
小学生男子と成人若手男子のリアクションはほぼ一緒。
a0104075_1252448.jpg
女の子、かわいい。
[PR]
by feltico | 2008-11-01 12:13 | feltico 作品・展示 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://feltico.exblog.jp/tb/7621770
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Nerunekosodatsu at 2008-11-09 22:03
はじめまして。Nerunekosodatsuです。冬じたく展でfelticoさんの
フェルトとレースの白いコサージュを買いました。
フェルトとレースの混ざり具合がなんともかわいっくて
とっても気にいってます。大切にします!

Commented by feltico at 2008-11-11 09:54
Nerunekoさん、コメントありがとうございます。あの日は白のコサージュは1点しか出さなかったので、どなたが手に取って下さるか密かに楽しみにしていたんです。
コサージュとネコに目がない方でうれしいです。
またブログに遊びにおいでくださいね。
<< ようやく。 もみじ市その2 LIVE >>