正直なこと。

a0104075_1254550.jpg


「音に対する執着心が全く感じられないです。
麻生さん今、かなり仕事忙しいんでしょ?」

サックスのレッスン日にスパルタ教師に言われたコトバ。
ガ~~~~ン!!!
はい、確かにこの時期、納品と展示会とこれからのことで頭がいっぱいです。
一日ぶっとおしで作ってるその合間のサックス練習は、執着心のかけらもないです。
うまくなりたい気持ちは誰より強いのに、レッスン中どうしても落ち着きなく気もそぞろ。

サックスをはじめて5年。
何も語らずとも先生には、私の出す「音」だけで、すべてバレてしまう。
顔色だけで悪いところを見ごと言い当てる名医のよう。
とくに私はわかりやすく如実らしい。笑

「音」は正直。

作品もそう。



[PR]
by feltico | 2008-11-22 12:08 | 日々のくらし | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://feltico.exblog.jp/tb/7679457
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by suna at 2008-11-23 22:02 x
なるほどね~。
音や作品は、感情を映す鏡ってことですか。だから伝わる。生身やね。
felticoは大丈夫やろ。
Commented by feltico at 2008-11-24 09:07
鏡、sunaさんうまいこと言う。
うん、felticoはうちの子だから、気持ち込めずにはいられないし手を抜く余裕もないや。
サックスは、、昨日のレッスンでもこてんぱんに撃沈。(笑)あ~どっちかしかできないわたし。
Commented by miyagitomoko at 2008-11-25 09:29
ほんと、心って何事にも影響してしまうよね
suna様、良い事おっしゃいますね

サックスも自分の子にしてねっJun様!
Commented by feltico at 2008-11-25 16:08
歌がまさにそうだもんね。
tomo さんの歌はいろんな経験や感情を積んできた
「今」のtomoさんでないと歌えない歌だからいいんだよね。
シミジミ。

あ~サックス、まだまだ遠い親戚の子レベルです。。
<< そして京都。 枝魯枝魯ひとしな。 Triton Cafe >>