Cafe yugue (ユーゲ)

a0104075_14493086.jpg

京都を友人と旅した時に迷いに迷ってたどり着いた下鴨神社そばのCafe 「yugue」。
看板も出ていなければ、休みも不定休、開店時間もなんとなく昼くらいから。
yugueの名物店長さんは、シャイで人見知り。
別名「人見知りカフェ」。 
確かに最後までカウンターの向こうでずっと伏し目がちでかわいかった。笑

Deepな常連さんらしき方々の中、明らかに旅行者なわたしたちは、
好みな店内の雰囲気に浮き足立つ気持ちを抑えられない。
予備知識なく何気なく頼んだ「自家製ベーグルサンド」。
塩ゆで豚とクリームチーズと小松菜。
これが表面ぱりっと皮のベーグルで、ものすっごくおいしかった! 

一緒に頼んだカフェオレもこれだけ飲みに来たいくらい。
(カフェオレってどこでもそんな大差ないものと思ってた。)

今また思い出しては、ベーグル食べたいなぁ、人見知り店長さんが気になるなぁ、
評判らしき「水餃子」も頼めばよかったなぁと。。あれこれ。

基本ふつうのごはんやお茶が、ちゃんと美味しくあってほしい。
都内にある表面的おしゃれ風Cafeって、美味しさも表面的だったりしてよくガックリくる。
もう若い娘っ子じゃないから雰囲気だけじゃだめなのよ。
にしても、美味しさと店内の什器へのこだわりって比例してる。

なにごとも愛、だね。
こだわりの度合い。
見えないとこで手間と時間をかけてるものってその深さが見える。
見えちゃう。

自分にも言い聞かせてみる。


a0104075_14462667.jpg

[PR]
by feltico | 2009-03-10 00:35 | 日々のくらし | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://feltico.exblog.jp/tb/8045362
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by akiko at 2009-03-10 20:36 x
いやぁ〜最高!!そんな旅出来た時点で設けもん!
なかなか出会えるものじゃなし。
いいなぁ、そんなお店やりたい、
うそうそ、客になりたい。(笑)
探して行くまでの迷ったりする過程も「美味しい」が含まれているんだよ。

ん〜素敵なエッセイ。
Commented by yuquik at 2009-03-11 11:53
こんにちは。

きっと素敵なカフェなのですね。
学生時代(はるか昔!)、この最寄の駅から学校に通っていたので
懐かしみながら今度探索してみます。

以前は素敵なカフェをみつけては、
のんびりお茶をいただくのが大好きでしたが、
最近はお店の空気、接客、お味、そしてお値段とのバランスなどで
がっかりする事が多くなり、
もっぱらセルフのコーヒー店で、さらっとコーヒーを・・・が
多くなってしまいました。

>もう若い娘っ子じゃないから雰囲気だけじゃだめなのよ。

すごくわかります(笑)。
何かひとつでもこだわりを感じられたら、それが自分に響くものなら
きっと再び足を運ぶんですけど・・・。

相手を嬉しい気持ちにしたい・・・と思う心があれば
きっとなにか響くんでしょうけどね。
カフェに限らず、日々の生活も♪
Commented by feltico at 2009-03-12 11:01
料理人あっこちゃん、ありがと。
京都達人の友も今になってyugueはジワジワきてるみたい。

料理は8割が下ごしらえで決まるってね。
あっこちゃんの店、、、実現してほしいなぁ。
間違いなく入り浸る。


Commented by feltico at 2009-03-12 11:24
yuquikさん学生時代は京都だったのですか、よいなぁ。。
京都のお茶文化というかカフェ文化は地元にしっかり根付いてる感じがしました。

そうなんです、わたしも期待してはガクリのことが多く、
期待しないクセがついてた時にたまに自分的に「!」で「♪」なお店に出会うとテンションあがります。

喜ばせることが喜び、って大事にしたいですよね~。
素敵なコメントありがとうございます。

Commented by kero at 2009-03-12 11:36 x
そうそう、なにごとも愛だよね~~!
愛です!愛なのです!!

ただいまkero、愛の勉強中。
Commented by feltico at 2009-03-12 12:26
おっと、keroさん。
どうも力強いと思ったら、愛の猛勉強中でしたか。(笑)

よし見習わねば。
<< クリスマスローズ。 好き。気になる。イメージ。 >>