<   2007年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

feltico×Cocco  僕らの音楽

a0104075_1402359.jpg

a0104075_1415098.jpg

先週の「僕らの音楽」(7.27.2007)で、
f e l t i c oのフェルトアクセサリーがオン・エアされました。

どうか彼女が気持ち良く歌えますように!、、、作る時の祈りはずっとただそれだけ。
沖縄のレコーディングスタジオのヴォーカルマイクに、フェルティコの花をぶら下げて歌入れをしてくれていた。
ありがとう。新しいアルバムの音がすぐ近くに感じられるのは気のせいじゃないよね。

先週のオンエア5日前、急に天国に逝っちゃった友達に見せたかったな〜。
音楽が好きで、人が好きで、私のフェルトもずっと応援してくれていた。
告別式の日がCoccoのアルバム発売日だった。



a0104075_15421928.jpg

2001年2月、活動中止と共に「沖縄限定」のみで発売された8cmCD「風化風葬」。
悲しみ愛より深いのはだあれ?、、、このフレーズに衝撃を受けて、
沖縄で買わないと意味がないと思い立ち、いてもたってもいられずこの年の夏、
初めて沖縄へ。那覇市内のレコード屋を巡ってようやくようやく見つけた。
店頭ディスプレイ用の最後の1枚。
ここぞという時にポケットにしのばせる私のお守り。

[PR]
by feltico | 2007-07-31 17:04 | feltico 作品・展示 | Trackback | Comments(6)

発表会!その2

a0104075_2344132.jpg

マルコスは双児だった! 
マルコスとマルシア。

そ、そっくり。

a0104075_23533071.jpga0104075_02872.jpg本番直前。
リハ室音出し。

→メンバーのSさんも男女の双児なんですって。
次回はぜひ双児の妹さんとの2ショットを。




a0104075_23445284.jpg
ブラジル人のマルコスの奥さんと娘のブルーナちゃん、奥さんの妹さん。
スタイル抜群、すごい美人。こりゃマルコスが一目惚れするわけだ。
会場の中でひときわ華やかなレディースでした。また会いたいな。

[PR]
by feltico | 2007-07-30 23:45 | 日々のくらし | Trackback | Comments(5)

発表会!

a0104075_22554088.jpg
a0104075_22584159.jpg
a0104075_2311986.jpg
       「演奏終了〜!おつかれさま。笑顔、笑顔、笑顔」

前日は緊張のあまり眠れなかった。当日も朝からハイテンション。
緊張が極限まで達すると私は無意識にシコを踏んでしまう。
はい、お相撲さんがするあれです。相方によく指摘されるがこればっかりは仕方ない。シコを踏むと落ち着く。そして気合いが高まる。前世は力士か。

「楽しもうね!」そんなかけ声でメンバーは舞台に上がった。
某ホテルの披露宴会場。客席200名。毎度ながら見る余裕はまったくなし。
もうひたすら必死で何がなんだか。
でもでも本番はとにかく楽しかった。
直前まで合わせていたマルコスとの出だしソロも無事クリア。
2曲の演奏は、あっと言う間。
終わった瞬間もっと吹きたいと思った。

あ〜ようやく終わった終わった。
みんなで共有できる高揚感っていいね。
演奏後のみんなのほっとした笑顔が最高。
スパルタ教師もごきげんに笑っていた。
また孤独なスパルタ道場に戻るのか、、
来年も一緒に演奏しようね。
[PR]
by feltico | 2007-07-30 23:03 | 日々のくらし | Trackback(1) | Comments(4)

サックス・アンサンブル合同練習

a0104075_22193183.jpg

a0104075_22202829.jpga0104075_22225049.jpg








発表会の合同練習。個人レッスン以外に、平日の夜、土曜日、発表会のために合同練習を何度も重ねてきている。ソプラノ、アルト、テナー、バリトン。サックスだけのアンサンブル。学生から社会人まで10名。メンバーはとってもフレンドリー。初日練習ののっけから打ち上げはどうするの話題でもちきり。
こんな人数のアンサンブルは初めて。私のフェルト作業も秘書の仕事も言ってみれば孤独なもの。去年までの個人演奏も孤独だった。
そうそうこうやってみんなで演奏したかったの。アンサンブルって気持ちがいい。
スパルタ教師も合同練ともなるといつもよりかは多少押さえ気味。でもごまかしは通用しない。気を抜いた演奏しようもんならすぐ怒号。
今回、演奏のカウント出だしは、ファースト(主メロディ)の私の合図で始まる。
そして終わりの合図も。
これがめちゃくちゃプレッシャー。ど緊張。今から冷や汗。
手も口もふさがっているので、目配せしながら、
サックスを大げさにふって拍をとって息を吸って合図、直後出だし。
もう1人のファーストのパートナーはブラジル人のマルコス!!
私とマルコスだけのソロで始まる。出だしは肝心。
2人の出だしがぴったり合うまで何度も何度も練習した。
マルコスは日本に来てまだ数年。日本語がかなり通じない。
けれどそこはサンバの国、ラテン系、言葉は通じなくてもテンポを合わせてくれる。
さあ、さあ本番どうなりますやら。
あ〜、このプレッシャー、誰かなんとかして。


a0104075_2344351.jpg


この日はマルコスの娘さんブルーナちゃん(小5)も見学。


[PR]
by feltico | 2007-07-28 23:34 | 日々のくらし | Trackback | Comments(2)

スパルタ道場

アルトサックスの個人レッスンを受け始めて4年。
私はそれを「スパルタ道場」と呼んでいる。
怖い、先生がめちゃくちゃ怖い。ハンパなく怖い。先生は私より1回り年下。
きりりとした美人。低音の超ハスキーボイス。(ドスがきいているとも言う)
小学、中学時代のあだ名「女番長」。音大に入ってからのあだ名「あねご」。
パンンプスのヒール10cm以上。
趣味ご当地キティちゃん集め、5本指ソックス集め。ピンクキラキラ大好き。
いつも愛嬌のある笑顔。竹をスパッと割ったような性格。
豪快で義理人情に厚くめんどうみのいい親分肌。
まったく女にしておくのはもったいない。
そういう性格が私は大好きでとかく先生と飲みに行ったりと仲がいい。

しか〜しっ!!
ひとたびレッスンが始まると豹変する。とりつかれたように厳しくなる。
ちょっと吹けたらバンドやりたいな〜くらいな甘っちょろい気持ちは、
とっくの昔に粉砕。
「息のスピード!」「圧力!」「音程!!」「テンポ!!」「表現力!」
「イメージ!」「歌ってない!」
「アソオさん、何度言ったらわかるんですかっ!」
「その状態でよく私のレッスンに来れますよね!」
怒号が飛ぶ。心は半泣き。発表会が近いとなおさらだ。
どうやら私は、先生の「S」気質に火をつけてしまう「M」タイプ。
私を教えているとどうも加減がわからなくなるらしい。
先生にとってサックスは命。真剣勝負だ。ハンパな態度は誰であろうと容赦しない。
その真剣さがわかるから、こちらもそのつもりで挑まなければ。
よっしゃ、受けて立ちますスパルタ格闘競技。

数カ月に1度、ほめられる。
「その歳で始めた割にすごい。」
「音大生に負けない音がたま〜に混じる。」
、、、、喜んでいいんだか。
でもおかげでかなり楽しくなってきている。

a0104075_21455978.jpga0104075_21483645.jpg
a0104075_21512490.jpgセルマーJAPAN。
調整中の愛しのサックス。
フランス、セルマー社公認の技術者だけに渡されるロゴ入り上着。かっこいい。
毎回、捨てる時ください、と懇願中。

[PR]
by feltico | 2007-07-28 18:09 | 日々のくらし | Trackback | Comments(2)

S. Nakaba 展示会

a0104075_15143884.jpg


中場信次ジュエリー展 「green」
7月30日(月)まで 11:00-19:00
ルーサイトギャラリー 台東区柳橋1-28-8 tel:03-5833-0936

中場信次さんのジュエリー展に行ってきました。当然初日。
中場さんの追っかけ歴長し。奥様もいつも素敵で私の憧れだ。
かつてご自宅まで何度、我が家族でおしかけてしまったことか。
このブログをご夫婦で楽しみにしてくれてるらしい。
家族ぐるみのおつき合いをさせてもらってる、、って今のうちずうずうしく言わせてもらっていいですか?(笑)手が届かない人になっちゃう前にね。
「S.NAKABA」、すでに国内外で大活躍だけど、まだ御存知ない方、
覚えておいた方がいいですよ。展示会に行った方がいいですよ。
作品、とにかくスゴイです。本物です。アートです。POPです。
ジュエリーです。ファッションです。
誰も中場さんには、かなわないよ。とにかく見て!
貝、アルミ、プラスティック、樹脂、金属、、進化し続ける素材への探究心。
毎回これほど私を驚かしてくれる作家がいるだろうか。
内外のファッション、アート、ジュエリー業界に大きな衝撃を与えた
今年の中場さんの「Rooms」招待展示。
Rooms後初の個展ということもあってこの日もたくさんの人が詰めかけていました。


a0104075_1642517.jpg
柳橋ルーサイトギャラリー入り口はこんな感じ。
もとは市丸さんという一世を風靡した芸者さんのお家。
江戸情緒漂う粋な趣味がそのまま残っています。



a0104075_16444990.jpg

急な階段を登ると目の前には隅田川。風がとっても気持ちがいい。
ベランダにはS.NAKABAの文字。

[PR]
by feltico | 2007-07-28 17:05 | すきなもの | Trackback | Comments(3)

ありがとう。

a0104075_13251210.jpg

130年以上前に撮られた不思議な天使の写真集。
私の大好きな写真だ。

20年来の心の親友が突然天国に逝ってしまった。
大切な家族や友人、かわいがっていた猫をのこして。
この写真集を贈ってくれた友人だ。
急性心不全。
あまりに突然で、天国の本人が何より一番戸惑っているはず。
私は来週会う約束をしていた。
話したいこと聞きたいこと誉めてほしいことお祝いしてあげたいこと、
たくさんたくさんあった。

神様はなんてことするんだ。
この先、、もう、会えない、、それがどういうことなのか、まったく理解できない。。したくもない。
携帯やブログに生き生きとしたコトバがまだたくさん残ってる。
冷蔵庫には、おみやげでもらったコーヒー豆が残ってる。

寂し過ぎる。

人との出会いで人の人生って変わっていく。自分のカタチがつくられる。
亡くなった友人に出会っていなければ、きっと私は今のカタチじゃなかった。

悔いなく生きる。できるのかなそんなこと。
わからない。
けど、やってみる価値はある。
友人が旅立ってそう思えた。

信じられないくらいたくさんの大事なこと教えてもらったよ。
どこかで見ててね。
忘れないから。

ありがとう。

[PR]
by feltico | 2007-07-26 16:13 | すきなもの | Trackback | Comments(2)

近い、ゆえに誓い。

この1週間アタフタ、バタバタなんと早かったこと。
秋冬フェルトに向けての素材選び、サンプル制作、プレゼン、そしてまた制作。
案外とフェルト作りは夏の前から慌ただしく動き出すのです。
何やら今年は新しいこと、はじめられそう。
頭のイメージはすでにふんわりあったかの秋冬、でも季節は夏!、、暑っ!
フェルト制作は湯気立ち上るお湯を使っての亜熱帯体育会系作業。(汗)
暑いうちに存分がんばって作って、初春にはのんびり好きなもの作ったりしよう。
「アリとキリギリス」。

そして近い、、、マジに近い。
、、、私のサックスの発表会!
ど、どうしよう。あ〜、こんなに緊張することって他にない。
サックスの個人レッスンを受け始めて4年。毎回格闘技的真剣勝負。

ハタチの頃、中古のアルトサックスに一目惚れ。
スカバンドをはじめたくてすぐに借金して衝動買い。
けれど忙しさと飽きっぽさにかまけてサックスを吹き込むこともなくそのまま封印、
熟成させること10+数年。
4年前のある日、どうしようもなくサックスを吹きたくなった。
押し入れの奥に眠っていたパンドラの箱(楽器ケース)を恐る恐る開けてみた。
、、愕然。楽器は朽ち果てていた。泣)自ら封印しておきながら相当のショック!!
会社勤めしながら内緒でバイトまでして買ったサックスをこの手で終わらせてしまった。。心痛。

そして、トラウマを払拭すべく突如4年前からレッスンに通い始めた。
目指せSOIL&PIMP SESSIONS!前の楽器のためにも今度こそ生涯サックスを続けることを胸に、意を決してセルマー製(フランスのメーカー)を購入。
今は枕元に置いて寝ている大事な大事な楽器。
ハタチの頃、中古のサックスをすすめた人物は、現在、私の相方(オット)となっている。ことサックスに関して呆れた視線を常に私に投げかけている。(無視ッ)

息子は吹奏楽部でサックスを吹いている。夏の大会目指して朝から晩まで。
気合いと理想と鼻息の荒さは私も中学生に負けちゃいないよ。
でもでも唯一足りないのは、、、、、、、練習量!!!(汗)

今度の発表会は、サックスだけの5重奏アンサンブル。
ようやく念願のアンサンブル参加。
個人で好き勝手に吹いていた今までとは違う難しさ緊張感。
アンサンブルの一体感ってかなり気持ちがいい。ハモるって快感。
息子の言っていることがようやくわかった。
メンバーは吹奏楽経験者も多い学生、社会人。みんな熱心で上手。
足を引っ張らないようにしなきゃ。

発表会まで、今日から毎日練習しよう!!

誓い。
[PR]
by feltico | 2007-07-23 17:33 | すきなもの | Trackback | Comments(4)

ショージさんのガラス展

a0104075_1146291.jpg

a0104075_1146355.jpg
a0104075_11442248.jpg
詰め込んでいたあらゆる予定がすべて崩れてしまって、なんだか気が抜けてしまった。
勝手な思い込みテンションが高く上がった分、気の抜け方がヒドイ。
我ながら疲れる女です。

ガラスのショージ(庄子早苗)さんに会いたくなって白楽のCafeNATANE に行く。
NATANEは、雨や夏の夕暮れがよく似合う。以前ひどいどしゃぶりの中、楽器片手に雨宿りに入ってから幾度かおじゃまさせてもらっている。ショージさんともここでお知り合いに。

ガラスに顔を寄せて静かにじっと眺めてみる。
線、、光、、影、、泡、、水、、生、、温度。 いろいろ見えてくる。
目の前にある器に冷たい水をはって、
ミクロサイズの自分をぷかぷか浮かべた所を想像してみる。
フフフ、、、ショージさんの器はどれに浮かんでみても気持ちがいい。
ガラス造りが好きでしかたないんだろうね。  造ったものからちゃんと伝わる。
なんだかうれしくなった。

清らかで潔い。やさしさとやわらかさ、凛とした強さ。
たくさんの「気」を満杯にもらって帰りました。
ぽっかり気が抜けた空腹のまんま、ショージさんに会いに行っちゃって良かった。
いろいろ見えた。
大雨の中、展示会おつかれさま。

++++++++++
ショージさん、ナーバス・ヘッドエッグ(緊張型頭痛持ちバンド)メンバー入り!

[PR]
by feltico | 2007-07-17 17:52 | すきなもの | Trackback | Comments(6)

しばしの、おあずけ。

じめじめべたべたむしむし梅雨らしい。
今年になって初めてつけてみたエアコンの調子が完全に悪い。ガクリ。
「修理は台風明けに」とメーカーに言われまたガクリ。
雨が降らなければ各地で渇水、水不足。降ったら降ったで河川の氾濫、土砂災害。
この両極端さ。確実に以前と変わってきているところがコワい。


a0104075_13295554.jpg我が家では、この雨続きで、、


春先から突如、
チャリンコ通勤をはじめた
庭人(相方)の「自転車」。

、、、、おいてけぼり。

にゃんこもかるく素通り。





a0104075_13492916.jpg


そして、息子(中3)ご愛用のカラ〜ン、
、、、下駄。(履きこんでます)

、、、、これもおいてけぼり。

雨のスキあらば履いて出かけようとする息子を
下駄が痛むよと制止する母(私)なのでした。

[PR]
by feltico | 2007-07-13 08:10 | 日々のくらし | Trackback | Comments(2)